士業事務所の営業戦略は
【老人ホームと上場企業】にあった!!

セミナーのご案内

社長ブログ 社長のつぶやき

採用情報

【DREAMJOBビジネスマナー講座 №1】

【DREAMJOBビジネスマナー講座 №2】

第一章 必要とされる資質について

第一節 会社員としての心構え

レベル1 会社員としての自覚と心構え「社員のイメージは会社のイメージ」

社員のイメージは、そのまま会社のイメージとなってしまいます。日頃から身だしなみや立ち居振る舞い、また言葉遣いなど、全てにおいて組織の一員である自覚が必要です。

①社員の評価は会社の評価につながる

社員が外部に与えるイメージ(印象)が、会社の評価を左右することもあります。社員は自分自身の印象が会社に及ぼす影響を常に意識し、以下の点に配慮しましょう。

・職場と調和のとれた服装、品位を保った身だしなみ。
・清潔感があり、動きやすく機能的な身だしなみ。
・立ち居振る舞いや言葉遣いに気を配る。
・常に相手の立場に立って対応する。

<例>

面会を申し込んできた取引先の人に、上司は今日は一日中外出していて、都合の確認が出来ないので明日以降に再度連絡をもらいたいと言った。

A.これは間違いです。
取引先の人が面会を申し込んできた場合、先方の希望の日時を予め二、三聞いておくなど、相手の立場に立って、できるだけのことをしなければなりません。先方に連絡の催促とも取れる発言は配慮に欠けます。

お問い合わせ

page top