士業事務所の営業戦略は
【老人ホームと上場企業】にあった!!

セミナーのご案内

社長ブログ 社長のつぶやき

採用情報

【DREAMJOBビジネスマナー講座 №25】

第二章 一般知識について

第一節 企業と経営

レベル3 経営管理

「階層別管理で管理の分業を図る」

階層別管理とは、経営の最高管理機能を持つトップマネジメント、中間管理職のミドルマネジメント、現場管理職のロアマネジメントの三つの管理層をいいます。

———————————————————–
(前回からの続き)

③経営管理の基本用語

経営戦略:会社の成長を目指した中、長期的な経営計画の体系。

経営の差別化:独自の製品を開発したり、システムを構築して、他社との違いを明確化し、自社の競争優位を確立すること。

経営の多角化:企業が、事業のリスク分散、副産物利用、市場の手配力強化などの目的の為、数種類の事業を同時に経営すること。

経営の国際化:幾つかの国で経営活動を展開すること。こうした企業を多国籍企業という。国際化の利点は、海外市場、海外資源へのアプローチや税制上の優遇措置などがある。

減量経営:経費節減、人員削減などで体質を改善し、スリムな経営規模にすること。

経営分析:企業の決算書を調べて収益力や資産内容など経営状態を判断すること。この仕事を専門にするのが経営アナリストで、企業の依頼があれば、経営分析をして問題点を指摘し、それに対する対策をアドバイスする。

お問い合わせ

page top