士業事務所の営業戦略は
【老人ホームと上場企業】にあった!!

セミナーのご案内

社長ブログ 社長のつぶやき

採用情報

【DREAMJOBビジネスマナー講座 №29】

第二章 一般知識について

第二節 企業の活動

レベル2 会計/財務

「企業財務を表す賃借対照表と損益計算書」

企業は毎年、企業の財務を出資者に公表する為に財務諸表を作成します。その代表的なものが賃借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)です。

———————————————————–
(前回からの続き)

②賃借対照表と損益計算書

企業は、一定期間ごとに決算をし、出資者(株式会社の場合は株主)に企業の財政内容や経営状態を報告する義務があります。そのとき作成されるのが財務諸表で、その代表的なものが賃借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、及び株主資本等変動計算書です。

・賃借対照表(B/S=Balance Sheetの略)
賃借対照表とは、決算日など、企業の一定時点における財務状態を表したもので、資産、負債、純資産を一覧表示します。別名バランスシート(Balance Sheetを略してB/S)とも言われています。
この一覧表は右と左に分けて作成してあり、右側には「負債」と「純資産」が、左側には「資産」が表示されています。右と左の合計金額は必ず一致します。つまり、資産(左)=負債+純資産(右)という計算式になります。左側を「借方」、右側を「貸方」と呼びます。

・損益計算書(P/L=Profit and Loss Statementの略)
損益計算書とは、決算期間など、企業のある一定期間の収益から費用を差し引いて、経営成績を示したものです。P/Lと略されますが、これは、Profit and Loss StatementのProfit(利益)とLoss(損失)の頭文字を取ったものです。

・キャッシュフロー計算書
キャッシュフロー計算書とは、一定の会計期間における企業の資金の流れ(増減)を明らかにした計算書で、「営業活動」「投資活動」「財務活動」ごとに区分して表示します。営業活動によるキャッシュフローとは、事業活動によって得た資金の増減を表したものです。投資活動によるキュッシュフローとは、固定資産や有価証券の取得や売却など投資活動による資金の増減を表したものです。財務活動によるキュッシュフローとは、株式や社債の発行、社債や借入金の返済など資金の調達や返済に関する資金の増減を表したものです。

・株主資本等変動計算書
会社の純資産の変動を表す計算書のこと。賃借対照表や損益計算書だけでは、資本金などの数値を連続して把握することが困難なことがあります。そこで会社法では、この計算書の作成を義務付けました。

お問い合わせ

page top