士業事務所の営業戦略は
【老人ホームと上場企業】にあった!!

セミナーのご案内

社長ブログ 社長のつぶやき

採用情報

【DREAMJOBビジネスマナー講座 №33】

第二章 一般知識について

第二節 企業の活動

———————————————————–
(前回からの続き)

レベル4 税務

「企業の所得(利益)には法人税が課せられる」

企業が支払う主な税金には、法人税・法人住民税・事業税・消費税なとがあります。このほか、固定資産税や自動車税、印紙税などさまざまなかたちで税金を払っています。

①税金の種類

税金には、直接税と間接税があり、それぞれ国(国税)と地方自治体(地方税)に納めます。税を負担している人と納税義務者が一致している税金を直接税といい、一致していない税金を間接税といいます。
企業が支払う税金には、法人税・事業税・固定資産税・消費税なとがあり、個人が払う税金には、所得税・消費税・道府県民税・市町村民税・固定資産税なとがあります。

お問い合わせ

page top