士業事務所の営業戦略は
【老人ホームと上場企業】にあった!!

セミナーのご案内

社長ブログ 社長のつぶやき

採用情報

【DREAMJOBビジネスマナー講座 №41】

第二章 一般知識について

———————————————————–
(前回からの続き)

第三節 社会常識

レベル1 情報処理とニューメディア

「OAとはオフィスオートメーションのこと」

OA機器の発達で、企業を取り巻く環境は一変しました。特に、パソコン(パーソナルコンピューターの略)は、以前のオフィスコンピューター以上の機能を持ち、インターネット、IP電話、電子メールの活用など、企業に欠かすことのできないものとなっています。

①OAの現状と未来
OAとは、office automationの略で、コンピューターなどの最新の事務機器を活用して、オフィスのさまざまな事務処理を自動化・効率化することです。OAの目的は事務部門の生産性を向上させることにありますが、それは会社全体の生産性や技術を高めることにも連動します。また、OA化することで従業員は創造的な仕事に専念できるようになります。現在ではファクシミリ、コピー機、多機能電話、IP電話、パソコンなどがOAの中心的な機器として使われています。
情報の高速処理や情報の共有化が求められる現代、ますますOA化は推進されていくに違いありません。そうしたOA化の波をしっかり受け止めて、それらの機器やソフトウエアに関するさまざまなノウハウを吸収していくことが求められます。

②情報とニューメディア
急速に発達したパソコンは、驚異的な情報処理能力を持つようになりました。また、光ファイバーを利用した光通信も実用化され、インターネットに見られるように、大量の情報を処理・伝達できるネットワークが構築されています。今後は、ニューメディアの代表格としてのインターネットと従来のメディア(新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等)をどのようにして融合させていくか、情報のセキュリティをどう確保していくかといったことが課題となるでしょう。

お問い合わせ

page top